ジョコビッチの生まれ変わる食事を読んでみた

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチ選手については名前を知っている程度ですが、グルテンフリーの食事が少し気になっていたので読んでみました。

ざっくり内容はというと、前半は彼の生い立ちと選手生活をたどりながら、食べ物の不耐性(過敏症)が体に与える影響や、グルテンフリー生活のビフォー・アフターなど彼の経験をもとにした説明的な内容。

後半は彼が実際に食べているグルテンフリーの食材やメニュー、精神と肉体のトレーニング方法などなど、身体のパフォーマンスを上げるための実践的な内容でした。

グルテンフリーの食事法や食材についてだけではなく、ジョコビッチ選手の生い立ちや、トッププレイヤーであるための生活習慣、考え方などは読み物としても面白かったです。

ただ、食事内容などそのまま真似できるかというと、ちょっと難しいなと。

日本と海外とで手に入りやすい食材が違うというのもあるのですが、おいしいと思えるか自信がないというか・・・。

そういったメニューも中にはありました 笑。

 

でもこの本は、ジョコビッチ選手がグルテンを取るのをやめたことを通して、食べ物ってこんなにも体に影響を与えるんだよ、ということを教えてくれます。

でも、調子の悪さの原因はグルテンだけじゃなく、他の食材の可能性もある。

あなたにとってその食材は何なのか、アレルギー検査をするなり、体が送ってくるシグナルに耳を傾けるなりして、自分自身の原因は何なのかを見つけることが大切なんだ。

グルテンフリーにすればいいということではなく客観性をもって試して欲しい、そんなことを伝えてくれています。

「盲目的に信じるな」ってことかと。

 

ちなみにジョコビッチ選手はグルテン以外に、乳製品とトマトの過敏症だそう。

しかも、実家は元ピザ屋だったとか。

・・・ピザと言ったら小麦とチーズ(乳製品)とトマトで出来ているじゃないですか!

絶句ですよね。毎日食べていたピザが不調の原因だったなんて。

この事実を知ったときはかなりの衝撃だったそうです。

 

グルテン不耐症(過敏症)はアレルギーでも免疫疾患でもないので、自分では気づきにくいと言われてます。

もし下に書いたような症状が当てはまるようなら、グルテン不耐症の可能性もあるので、この本、一度読んでみる価値はあると思います。

・頭痛もしくは偏頭痛がある
・集中力に欠け、頭がぼーっとする
・理由もなく気分が落ち込む
・関節が痛む
・湿疹ができる
・痢や便秘、膨満感、オナラが出やすい

 

<今日の読んでみた ♪>
頭も体もすっきりした状態ですごしたいものですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です