クロバーの「パッチワークアイロン」はスマートドールの服作りにぴったり

クロバーの「パッチワークアイロン」

クロバーの「パッチワークアイロン」

まるこです。

仕事が忙しくてなかなかドール服作りができずにいます。

せめて気分だけでも盛り上げようと、スマートドールの服作り用にクロバーの「パッチワークアイロン」を買ってみました。

以前買ったアイロンミニコテは、ブライスやリカちゃんなど1/6サイズドールの服作りにはちょうどよかったのですが、1/3サイズのスマートドールには少し小さかったなぁと思っていたので。

それで今回はアイロンミニコテより大きく、一般的なアイロンより小さい、中間サイズの「パッチワークアイロン」を選びました。

クロバーの「パッチワークアイロン」の箱

「パッチワーク・手芸の細かい作業のために考えられたアイロンです。」とあります。

頼りになりそうです。

コンパクトな手のひらサイズ

幅が約6cm、高さ9cm、長さ16cm手のひらサイズほどの大きさです。

クロバーの「パッチワークアイロン」

でもちゃんとアイロンの形をしているのでコテと比べると持ちやすいです。

クロバーの「パッチワークアイロン」と普通のアイロンの比較

左が人間の服を作るときのアイロンです。ドライアイロンなので一般的なスチームアイロンより小さめですが、「パッチワークアイロン」はさらに小さいのがわかります。

重さも約330gと思った以上に軽かったです。

温度は3段階調節

クロバーの「パッチワークアイロン」の温度調節ダイヤル

このミニアイロンには温度調節ダイヤルが付いています。

約80度~約200度の範囲で「低中高」の3段階で調節できます。

低い温度から調節できるので、ナイロンなど化繊の素材でも安心です。

ただ本体が軽いせいか、生地全体のシワ伸ばしをするときは取れにくいように思います。

そんなときは霧吹きで生地を軽く湿らせてからアイロンをかけるときれいになります。

使い心地

クロバーの「パッチワークアイロン」とコテ・アイロンの先端

縫い代を割ったり細かい部分を折ったりするときに、アイロンの先端が細いと作業がしやすいのですが、ミニアイロンはコテに劣らず細いので作業性はいいです。

しかも先端が持ち手より先に飛び出しているので手先が見やすい。

ちゃんと自立もします。

クロバーの「パッチワークアイロン」

コテに比べて先端に力を入れられるのが個人的には好みの感覚です。1/6サイズの服でもけっこう使えました。

クロバーの「パッチワークアイロン」でアイロンをかけている様子

開けたときは軽いし少しちゃっちい感じがしてちゃんと使えるのかなと思ったのですが、使ってみて撤回しました。ごめんなさい。

 

ミニコテと一般的なアイロンの中間サイズのミニアイロンは、特に大きめドールの服作りにはぴったりなアイロンだと思います。

広い面のアイロン掛けも、細かい作業もこれ一台で済む、便利で頼もしいアイテムです。


【Amazon】クロバー パッチワークアイロン
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です